School in / タイトル

小学校を受験するときのポイント

小学校を受験するときのポイント

最近は幼い頃から受験をさせる親が増えてきましたが、小学校受験もその一つで、有名な小学校に通わせておけば、そのままエスカレーター式で上に上がれるので、受験を何回もさせなくて済むから楽だという思いもあるようです。 ただ、小学校受験ということは、まだ勉強する前に受験するということになりますが、ひらがなやカタカナはもちろん、ある程度の足し算や引き算、数を数えたり、何番目かは分かるぐらいの勉強はしておくべきです。そして、日常生活で他人や友達と過ごす上での常識やマナーも身につけておく必要があります。みんなで遊ぶという試験があるところもありますが、そんなときに普段の態度が出るので、日常生活から言葉遣いや礼儀を正しくしつけておくことが大切です。そして、子どもだけでなく、親のマナーや身だしなみ、受け答えなども合否に関係してくるので、親も聞かれそうな内容の答えは考えておくべきです。子どもの受験は、親も試されていることを忘れてはいけません。

受験中学のおおまかな流れ

都道府県によって人口当たりの私立中学の数が違うため、受験に対する考え方、印象が大きく異なっています。同県であっても地域差が大きく、私立進学率8割を超えるところもあれば1割に満たない地域もあり公立校に行かない子がとても珍しい目で見られることもあります。
中学受験をしようと決めた子は、4年生の春から通塾(私立中学コース)するのが最近の主流となっています。大手進学塾ではプレとして3年生、2年生スタートのクラスもあり低学年の知能開発をすすめています。遅くても5年生には通塾を開始し、週3〜4回の授業に夏期講習・冬期講習なども受講し力をつけていきます。6年生スタートではその子どもの能力、目指す学校の偏差値にもよりますが多くの場合遅れを取り戻すのが大変難しいとされています。
近くに質の良い進学塾がない、送り迎えができないなどといった家庭向けに大手進学塾ではネット授業も展開していますし、受験向けの通信教育も各社取り揃えています。パパ先生やママ先生だけで合格するケースもあり一概には言えませんが、本番の問題は小学校の勉強ではカバーできないものがほとんどです。4.5年生から大手進学塾が主催する全国テスト(または塾内の志望校判定テスト)を受けていくと、大体の偏差値がわかるようになってきます。5年生の段階でオープンスクール等に参加し志望校をしぼり、6年生の冬休み前に小学校の担任に必要書類の作成を依頼、志望校に願書を出す、本番は6年生の1月〜2月に実施されます。

pickup

七五三 千葉
カーラッピング
表札 ステンレス

最終更新日:2019/1/25