School in / タイトル

問題提起を学ぶ大学受験勉強法

問題提起を学ぶ大学受験勉強法

大学受験を行う際には1年から半年程度の勉強を経る人が大多数を占めます。志望校に合格するためにはその対策を十分に立ててくれる受験産業である予備校や塾に通い、場合によっては通信教育を利用してさらに受験対策を立てて臨むということが通常の方法です。高校教育と入学試験の間に大きな乖離があるためにこういった特殊な勉強が必要になると考えられがちですが、もっと大局的な見方をすると受験産業に頼る方法は必ずしも最短経路ではないということもできます。大学に通うのは学問を修めることが1つの大きな目標であり、このために必要とされる能力が問題を提起する力と問題を解決する力です。大学受験においては問題を解決する能力が問われることになりますが、大学で学び、社会で活躍するために本当に必要なのは問題を提起する能力です。こういったトレーニングを大学受験の時点から行えば、長い目で見ると大きな人間が育ちます。どうすれば大学に合格できるのかということを自ら考えて勉強するというのも将来を見据えたよい選択肢なのです。

Favorite


パーソナルトレーニングジムを池袋で探す


最終更新日:2019/3/22